HIOKIのIoT GENNECTシリーズ
HIOKI

GENNECT Remoteにチャネル間演算機能など追加


公開日 : 2022年5月27日

GENNECT Remote (Cloud)が、V.1.1.0にバージョンアップして、さらに便利に使いやすくなりました。
2021年12月にリニューアルして以来、2度目の機能追加となります。

主な新機能は次の5つです。

  1. チャネル間演算機能
  2. ダッシュボード機能
  3. アラーム判定にフィルタ機能
  4. ダウンロードURL取得機能
  5. ライセンスのプランと支払い方法の変更が可能に

どのような場面で役立つ機能なのか、ひとつずつ説明していきます。

 

1. チャネル間演算機能

工場内にある複数の変電所の電力を測定しているとき、それらを合算して工場全体の電力量をロギングしたいことがあります。
モニター機能のGENNECT取得データ(1分間のロギングデータ)は計測器ごとの測定値ですので、今までは測定器やゲートウェイをまたぐ合算のような演算結果を表示できませんでした。

そこで役立つのが、チャネル間演算機能です。
この機能は、複数のGENNECT取得データを使って演算する機能です。
演算結果は、モニター画面に表示されます。また、クラウドサーバーに保存されます。

他の使い方として、センサからの計装信号を演算して、物理量に変換できます。
データロガーでも演算できますが、別の選択肢としてGENNECT Cloudでも演算できるようになりました。そのほかにも電力量からCO2換算量に変換するなど、いろいろな応用ができます。

>>チャネル間演算機能についてさらに詳しく

 

2. ダッシュボード機能

モニター機能で、たくさんのチャネルをロギングしているとき、全チャネルの中から一部分のチャネルのみ常時監視したい、ということはよくあります。
そんなとき、ダッシュボード機能が役立ちます。

ダッシュボード機能とは、GENNECT取得データや演算チャネルの中から選択した10チャネルを、一つのパネルに表示する機能です。
しかも、複数の計測器から選ぶことが可能です。

例えば、複数の電力計が、それぞれ変電設備の電力量を測定している場合、電力量だけを集めて一つのパネルに表示できます。

さらに、このパネルは現在の測定値を表示するだけではなく、最新60分のデータがグラフ表示されるので、直近のトレンドを確認できます。
そして、そのグラフは、リアルタイムに更新されます。
もっと過去のデータを詳しく見る必要があれば、時系列ビューワで続きをどうぞ。

パネルを設定する操作は簡単です。
モニター画面でチャネルを選んで、[ダッシュボードに登録]ボタンを押すだけです。

>>ダッシュボード機能についてさらに詳しく

 

3. アラーム判定にフィルタ機能

波が立つ場所の水位を測定している場合、水位がアラームのしきい値付近をふらつくとき、しきい値との大小比較だけで正しくアラーム判定をできないことがあります。
本当に水位上昇しているのか、波立っただけなのか、それがわからないから、後者の場合、誤ったアラームとなります。

アラームの追加機能である、フィルタ機能を使用すれば、正しく判定できるかもしれません。
フィルタ機能は、連続して、任意の回数アラーム条件を満たしたときのみ、アラーム発報する機能です。
例えば、5回連続、つまり5分間、アラーム条件を満たせば、アラーム発報します。

 

4. ダウンロードURL取得機能

GENNECT Cloudに保存したファイルをアカウントユーザー以外に共有したいことがあります。
GENNECT Cloudからダウンロードしたファイルをメールに添付して送信することで共有できますが、手間がかかります。
また、ファイルサイズが大きければ、メール添付できず、他の方法を考えなければなりません。

ダウンロードURL取得機能を使えば、任意の1ファイルをダウンロードするためのURL (Webアドレス)を発行できます。
そのURLを共有したい相手にメール送信します。受信者がそのURLをクリックすれば、ファイルのダウンロードが始まります。
つまり、送信者はダウンロードすることがなく、ファイルサイズも気にすることもありません。

1つ気になることは、セキュリティだと思います。
このURLを入手した方は誰でもダウンロードできます。
しかし、1ファイルしかアクセスできないことと、有効期限がURL発行後1時間という制限をして、セキュリティを守っています。

>>ダウンロードURLの取得方法についてさらに詳しく

 

5. ライセンスのプランと支払い方法の変更

GENNECT Remoteの通信量が足りなくなり、Pro版を検討したい。GENNECT Cloudのストレージが減ってきたので、Pro版に変更したい。
このようにさまざまな場面で、ライセンスのプラン変更をしたいタイミングがあります。

新機能として、契約の途中でライセンスのプランが変更できるようになりました。
使用に応じたライセンスのプランをご選択ください。

>>契約途中のプラン変更についてさらに詳しく

また、支払い方法も変更できるようになりました。
支払い方法として、ライセンスカードを登録する方法と、自動継続支払い(サブスクリプション契約)の2種類があります。
契約途中でも、この2種類の支払い方法の中から、選択できます。

自動継続支払い(サブスクリプション契約)は、ライセンスの継続手続きをし忘れることがなく、また、ライセンス費用がお得です。
これを機に、自動継続支払い(サブスクリプション契約)をご検討ください。

 

6. その他の追加機能

-1. 代替ログインアカウントID

アカウントIDを任意の文字に変更できます。今まで覚えるのが難しかったアカウントID(gc123456)を、覚えやすい会社名(HIOKI)などに変更してログインすることができます。
これはGENNECT Cloud Proプランの契約が必要です。

-2. 対応計測器に機器用電力計3機種追加

パワーメータPW3335, PW3336, PW3337を追加しました。

>>契約途中のプラン変更についてさらに詳しく