活用事例

構内の電源品質を遠隔監視

自動ファイル転送遠隔操作

工場や施設の構内にある配電盤などに電源品質アナライザ(以下、PQAと略す)を設置して、電源品質のイベントを捉えることができます。イベントが発生した時間、種類、その前後の波形を正確に捉えることができますが、これらのデータはPQA本体のSDカードに保存されています。つまり、測定現場と事務所が離れているなら、すぐに測定ファイルを見ることができない、ということです。

もし深刻なトラブルが発生していたり、それに至るまでの予兆現象が発生したりしていても、測定ファイルは測定器に保存されているので、事務所で知ることができません。測定現場に行き、測定ファイルを回収して初めて、トラブル現象を知ることになります。
あるいは、工場長から「電源がおかしい」と連絡を受けたので、PQAの測定ファイルを回収したら確かに電源品質のイベントが発生していた、ということもあります。電源の管理者として、誰よりも早く予兆現象を捉え、事前に改修工事をしたいものです。
そこで、事務所にいてもリアルタイムに監視できるなら、初動が早くなり、電源を高品質に保つことができることは言うまでもないでしょう。

リアルタイムに監視できるなら、次のような成功談が考えられます。

GENNECT Oneなら簡単にシステムを組むことができます

構内のLANを利用できるなら、GENNECT Oneで簡単に監視システムを組むことができます。

PQAのLANポートに、構内のLANケーブルを接続します。
同じネットワーク上にあるPCからGENNECT Oneを使って、

をできます。
PCにPQAの測定ファイル閲覧ソフトである、PQOneがインストールされていれば、すぐさまデータを解析できます。

システム構成

事務所にいながら、電源品質イベントを捉える

  1. PQAが電源品質のイベントを捉えると、測定ファイルがPQA内のSDカードに保存されます
  2. その測定ファイルがGENNECT Oneに自動的に転送されます (自動ファイル転送機能)
  3. GENNECT Oneのデータリストに登録されます
  4. 測定ファイルを開くと、自動的にPQOneが起動し、電源品質イベントを詳細に知ることができます

>> 自動ファイル転送について、さらに詳しく

設定を変更したい? 遠隔操作もできます

電源品質を監視していると、イベント判定の上限値、下限値の設定を変更するときがあります。
従来なら、測定現場に出向き、PQA本体を操作することにより設定を変更しなければなりませんでした。GENNECT Oneを使えば、事務所にいながらPQAを遠隔操作して設定変更をできます。

>>遠隔操作機能について、さらに詳しく

構外から監視したいとき

LAN内で監視するだけではなく、構外からも監視したいときもあります。
これを実現するには2つの方法があります。

  1. GENNECT Remoteを使って、測定ファイルをクラウドサーバーに保存する方法
    GENNECT RemoteでもGENNECT Oneと同等の機能があります。測定ファイルがクラウドサーバーに保存されますので、構外からも見ることができます。

    >>GENNECT OneとGENNECT Remoteの違いについて、さらに詳しく

  2. GENNECT OneをインストールしたPCに、構外からVPN接続する方法
    構外のPCからGENNECT OneにVPN接続して、リモートデスクトップ機能を使ってGENNECT Oneを操作します

    >>GENNECT OneのVPN接続について、さらに詳しく

対応測定器