HIOKI

アラーム機能: 異常をすぐにお知らせする


アラーム機能

GENNECT Remoteは、3種類のアラームを設定できます。測定値に関して2種類、システムに関して1種類あります。
アラームが発生しますと、すぐに設定した方法でお知らせします。通知方法は、メール、LINE、Slack、Microsoft Teamsがあります。

アラーム機能
GENNECT取得データ あらかじめ設定したアラーム条件とGENNECT取得データを比較して、条件に合ったとき通知します
計測器データファイル 各計測器が新しい計測器データファイルを生成したとき、通知します
システム通知 ゲートウェイが接続または切断したときと、ゲートウェイストレージの残容量が少なくなったときに通知します

GENNECT取得データのためのアラーム

あらかじめ設定したアラーム条件とGENNECT取得データを比較して、条件に合ったとき通知します。
アラーム条件はGENNECT取得チャネル毎に設定できます。

第1条件

対象測定データ: GENNECT取得チャネルまたは演算チャネルの値
アラーム条件:

  • しきい値以上 / 以下 / 超 / 未満

  • 上限値と下限値の範囲外 / 範囲内

第2条件

第1条件に加えて、同じ形式で第2条件も設定できます。
第1条件と第2条件との関係をANDかORを選択できます。

  • AND: 第1条件と第2条件両方が同時に満たされたとき、発報

  • OR: 第1条件と第2条件のどちらかが満たされたとき、発報

有効時間 アラームが有効な時間
フィルター

指定した時間に連続してアラーム条件を満たしたときに、発報します。
チャタリングがある測定値や、ばらつきが大きい場合に設定します。
アラーム状態に入るとき (IN)、抜けるとき (OUT)を個別に設定できます。

通知条件

通常、アラームが発生したときに発報します。
それに加えて、アラームが終了したときにも発報するように設定できます。

GENNECT取得データのアラームについてさらに詳しく

計測器データファイルのためのアラーム

各計測器が新しい計測器データファイルを生成したとき、通知します。計測器データファイルは、自動でクラウドサーバーに保存することも、手動でアップロードすることもできます。
クラウドに保存された計測器データファイルを、現場に行かなくてもダウンロードできます。

通知の設定として、次の3種類の中から選択できます。

すべて 電源品質アナライザのイベント、波形記録計のトリガ、電力計やロガーのロギングファイル
イベントファイルのみ

電源品質アナライザのイベント、波形記録計のトリガのみ
イベントやトリガが発生した後、計測データファイルのダウンロードの用意ができれば通知します。

なし 通知しません
イベント通知
計測器データファイルのアラームについてさらに詳しく

システム情報のためのアラーム

次の2種類のアラーム通知を設定できます。

ゲートウェイ接続/切断通知

ゲートウェイをクラウドに接続したとき、あるいは切断したときに通知します。
ゲートウェイが切断する要因として、以下のような場合が考えられます。

  • 人為的に電源を落とした
  • 電源トラブル
  • 通信状態が悪く、届かなかった
ゲートウェイストレージ残量通知

ゲートウェイ内のSDカードの残容量が1GB未満になったときに通知します。
次の操作で、残容量を増やすことができます。いずれも遠隔操作で可能です。

サービス、ご購入方法に関する質問など
まずはご相談ください

Copyright ©2021 日置電機株式会社