HIOKI

始めるために必要な機器


購入するもの一覧

スターターセット

  1. GENNECT Remote スターターセット


GENNECT Remoteの通信に必要な機器が入ったセットです。ライセンスプランの違いによりSF4111とSF4112の2種類あります。

  1. GENNECT Remote 対応計測器


電源品質アナライザ、電力計、波形記録計、データロガーなどが対応機種です。対応していない計測器は接続できません。

  1. ライセンスカード (必要に応じて)


GENNECT Remoteライセンス

スターターセットには、BasicまたはProプランの1ヶ月分のライセンスが含まれています。
継続してご利用する場合、ライセンスカードもご購入ください。また、クレジットカードによる月々自動継続購入できる支払い方法 (サブスクリプション契約)もございます。

GENNECT Remoteのライセンスは、登録するゲートウェイの台数分をご用意ください。

GENNECT Cloudライセンス

GENNECT Remoteを登録しているアカウントは、GENNECT Cloud Standardライセンス相当が無償で付与されます。 GENNECT Cloud Standardライセンスを購入する必要はありません。

後述するGENNECT Cloudの機能をアップグレードするProライセンスもございます。

GENNECT Cloudのライセンスは、アカウント単位のライセンスです。
1アカウントでゲートウェイを複数台使用していても、GENNECT Cloudライセンスは、1ライセンスのみで運用できます。

ジェネクトクラウド概念図

スターターセットの内容物

スターターセット

GENNECT Remoteのスターターセットは、SF4111とSF4112の2製品あります。
2つのスターターセットの違いは次の2点です。

  1. SDカードの有無
  2. 付属するライセンスプラン (BasicまたはPro)

SDカードの必要性


SDカードは、ゲートウェイで使用します。
ゲートウェイにSDカードが挿入されていないと、各計測器が測定し、計測器本体のメモリーなどに保存した計測器データファイルをクラウドサーバーにアップロードできません。 これらの計測器データファイルは、従来通りの方法で、計測器をPCに直接接続するなどして回収しなければなりません。

SDカードがなくても、GENNECT取得データを使ったモニター機能は利用できます。

GENNECT取得データと計測器データファイルの違いについてさらに詳しく

GENNECT Remoteライセンスのプラン


SF4111には、GENNECT Remote Basicの1ヶ月分のライセンス、SF4112には、GENNECT Remote Proの1ヶ月分のライセンスが含まれます。

ライセンスの違いについてさらに詳しく

GENNECT Cloudライセンス

アカウントにGENNECT Remoteライセンスを登録したとき、GENNECT Cloudの使用ライセンスとして、GENNECT Cloud Standardライセンス相当が付与されます。

GENNECT Cloud Standardプランの仕様範囲でご使用の場合、GENNECT Cloud Standardライセンスを購入する必要はありません。
ストレージ容量の増加や、WebAPIを使用する場合、GENNECT CloudのライセンスをProプランにアップグレードできます。

ライセンスの違いについてさらに詳しく

用途別システム例

システム例1: 測定値はモニター値のみを閲覧


システム例1
  • 測定値はモニター値 (1分毎のロギングデータ)のみ閲覧する
  • 計測器データファイル (各計測器が生成するファイル)をクラウドサーバーにアップロードしない
  • ゲートウェイを複数台使用する場合は、台数分のGENNECT Remoteライセンスが必要です

※ 別途SDカードZ4003を購入してゲートウェイに挿入すれば、Basicライセンスの通信量制限1GB/月の範囲で、計測器データファイルをアップロード可能になります。

Remoteライセンス Cloudライセンス
Basicライセンス x ゲートウェイの台数
SF4111
購入不要
Standardライセンス相当が付与

システム例2: モニター値も計測器データファイルも閲覧 (おすすめ)


システム例2
  • モニター値を閲覧する
  • 計測器データファイルをダウンロードする
  • ゲートウェイを複数台使用する場合は、台数分のGENNECT Remoteライセンスが必要です

電源品質アナライザを使用する場合、イベントファイルをダウンロードする必要があるので、このシステムを選択してください。

Remoteライセンス Cloudライセンス
Proライセンス x ゲートウェイの台数
SF4112
購入不要
Standardライセンス相当が付与

システム例3: エンタープライズ


システム例3
  • システム例2に加えて、ストレージ容量、ユーザー数、チーム数、測定グループ数、登録アラーム数が不足する
  • WebAPIを使用して、お客様の自社システムなど他のシステムにデータを取り込みたい
  • ゲートウェイを複数台使用する場合は、台数分のGENNECT Remoteライセンスが必要です
  • GENNECT Cloudライセンスはアカウント単位のライセンスなので、1ライセンス必要になります。
Remoteライセンス Cloudライセンス
Proライセンス x ゲートウェイの台数
SF4112
Proライセンス x 1
SF4182

システム例の仕様比較表


システム例1 システム例2 システム例3
Remoteライセンス (※1)Basic
SF4111
Pro
SF4112
Pro
SF4112
計測器データファイルのアップロード/ダウンロード- (※3)
モニター機能
ドライブ機能
アラーム機能
コンソール機能 (遠隔操作)
登録チャネル数30チャネル/計測器100チャネル/計測器100チャネル/計測器
通信量1GB/月を加算5GB/月を加算5GB/月を加算
システム例1 システム例2 システム例3
Cloudライセンス (※2)Standard相当Standard相当Pro
SF4182
ストレージ容量50 GB50 GB500 GB
ユーザー数1010100
チーム数1010100
測定グループ数1010100
登録アラーム数3030100
高速モニタモード
WebAPIの利用--

※1: GENNECT Remoteライセンスは、ゲートウェイごとに割り当てることができるので、アカウント内で、BasicとProプランを混在できます。
※2: アカウントにGENNECT Remoteライセンスが1つでも登録されているとき、GENNECT Cloud Standardライセンス相当が付与されます。
※3: 別途SDカードZ4003を購入してゲートウェイに挿入すれば、Basicライセンスの通信量制限1GB/月の範囲で、計測器データファイルをアップロード可能になります。

さあ、接続しよう

機材が揃えば、アカウント作成、ゲートウェイの登録など、初期設定をします。

設定方法についてさらに詳しく

サービス、ご購入方法に関する質問など
まずはご相談ください

Copyright ©2021 日置電機株式会社